幼児 便秘 原因

幼児の便秘原因は様々!

便秘は大人に多いものだと思いがちですが、実は幼児も便秘になりやすいんです。
どのようなことが原因で幼児は便秘になってしまうんでしょうか。

 

幼児の便秘の原因は実に様々ですが、赤ちゃんの頃から便秘が続いているタイプと、
幼児期に入って便秘になりやすくなったタイプに分かれるようです。

 

赤ちゃんの頃から便秘が続く原因は、母乳から充分にオリゴ糖が摂取できなかったり、
生まれつき腸内の善玉菌が少なかったりということが考えられます。

 

一方、幼児期に便秘になりやすくなった原因としては、
食事の内容が離乳食→大人と同じ食事に変化していくことに
まだ未発達の腸が対応しきれていないことが考えられます。

 

さらに、遊びが楽しくなってしまい、排便を我慢してしまった結果、
水分が抜けて固い便がお腹に残ってしまいます。

 

これを出そうとした時に、肛門が切れてしまうことにより
さらに排便を我慢する・・・というループに陥ってしまうということもあるようです。

すぐに解消できるから今すぐ始めよう!

幼児の便秘の原因がわかれば、幼児期の便秘は解消しやすいものです。

 

まずは生活習慣を見直しましょう。
食事のタイミングが毎日バラバラだと、便秘になりやすくなるそう。
また、おむつをはいている子は、かぶれないよう
チェックとケアを怠らないようにしましょう。

 

さらに食事面でも、ゴボウやリンゴ、納豆、ヨーグルトなど
食物繊維や乳酸菌が豊富な食材を取り入れる、
水分をこまめに摂らせるなどの対策をとりましょう。

 

大豆などの豆類、きのこなども食物繊維が豊富。
きな粉+ヨーグルトという組み合わせで食べている方のお話も良く聞きますよね。

 

こうした対応でも便秘が改善しない場合は、オリゴ糖がおすすめです。
腸の善玉菌をサポートし、腸内環境をより良くする効果が期待できます。

 

もちろん、誰でも確実に効果がある!と確約できるものではありませんが、
オリゴ糖を摂って便秘が解消し、スッキリできたという子の体験談も多く、
試してみる価値は充分にありそうです。

 

⇒ 【カイテキオリゴ】の購入先はこちら

 

カイテキオリゴで幼児の便秘解消ができる!?TOPへ戻る